hatchyz comments

雑感・備忘録・たまに偉そうなことをいう

この世は見て見ぬふりと、喉元過ぎれば熱さ忘れるで成り立っている

www3.nhk.or.jp

 

誰よりも勉学に励み、誰よりも点数にこだわり、誰よりも時間の使い方にこだわってきた。それが医学部に進んだ学生たちだと思いますが、卒業後に待ち受けているのがこんな世界だというのは残酷すぎて言葉も出ない。彼、彼女たちが不憫でなりません。

 

とくに、えぇ…と思ったのは、

1960年代には大学の医局の権力構造を象徴する問題として学生運動のきっかけにもなりましたが、国はその後、若手医師の処遇は改善されたとして、長年その存在を否定してきました。

平成24年に行われた調査でも「無給医は存在しない」としています。

しかし、ことし1月から文部科学省が全国108か所ある医学部と歯学部の付属病院を対象に調査したところ、無給医が今も存在することが確認できたということです。

のくだり。そんな昔からわかっているくせして、無休医は存在しない、と言い続けてきたのか、と。学生運動に発展したともなれば、それなりの大事件であるはずです。でも、医師会も国(文科省とか厚労省とか)も各大学病院や総合病院も黙殺してきたのですから、その裏には我々には預かり知らぬ大きな力が存在することがうかがえます。

 

医局は教授を頂点とし、准教授、講師、助教と連なるピラミッドのような構造となっていて、最も下に位置する大学院生や医局員などは、医師として診療にあたっていても無給だったり、わずかな給与だったりすることがあるということです。

 

このくだりからから、医局(大学病院とか総合病院など)には、どうみても搾取構造がはびこっていたと言わざるをえません。端的にいえば、かなり穿った見方かもしれませんが、経験も実力も発言力もない若い連中は、君のためだから、成長のためだから、いや、先輩はみんなこの道を通ってきてから、といっておけばただで働くだろう、そしてできる限り経費を浮かして病院経営のために(お偉方のために?)役立てよう…ということだと言えるのではないでしょうか。

 

なぜ、何十年もこのような事態が存在し続けているのに、大きな問題にならなかったのか疑問ですが、労働にはしっかり対価を払うべきだと言えるでしょう。この当たり前が是正されず、慣習だから、という意味不明な理屈でこの状況が何も変わらなければ、この状況はこの状況であり続けてしまうのです。毎年研修医として送り込まれる若手医師の皆さんが、こうした状況におかれても、この苦行?理不尽?搾取?ともいえる時期を乗り越えれば、あとは特に問題ないから、まあ、いいや、と思ってしまうと、何もかわらないのです。

 

人の命を預かるお仕事なのですから、見て見ぬふりと、喉元過ぎれば熱さ忘れるが良しとされる環境は一刻も早く改善されるべきではないでしょうか。医師の世界がこうであるならば、他の世界も似たような構造が存在しているのではないか、と。たとえば、研究者の世界など。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

医学生・若手医師のための 誰も教えてくれなかったおカネの話

医学生・若手医師のための 誰も教えてくれなかったおカネの話

 
医者の本音 (SB新書)

医者の本音 (SB新書)

 

 

転職は成り行きガチャで決めるのもありだと思うわけで

数ヶ月前より転職活動を開始しました。現段階では、情報収集が中心で、伸びてる業界はどこなのか、どのような企業が採用に積極的なのかなどなど。情報収集は、主に人材紹介、いわゆる転職エージェントを活用しています。

 

なぜ、転職活動に踏み切ったのか、その理由はまた改めて残しておきたいと思いますが、本音以外の気持ちとしては、とにかく新しい環境に早く身を置きたい、もっとワクワクできる仕事にチャレンジしたい、加えて言うなら、現時点での自分の市場価値とはどんなものなのか知りたい、といったところでしょうか。抽象的で曖昧なのは否めません。この業界のこの会社でこんなことをやってみたい、といった明確な理由なんて一切ないですから。

 

某転職エージェントの担当者に、こんな曖昧な動機ですけどいいんですか?と聞いたところ、「なんとなく転職に踏み切っている人は意外に多いですよ。まあ、転職に踏み出した動機で一番の多いのは人間関係ですけどね。あと、役職についてる人は経営陣との確執でしょうか」とのこと。なので、「ああ、いいのね。こんな動機でも」とのせられているのかもしれませんが、少々安心した次第。

 

ちなみに、電話や対面でコンタクトをとった中小大手の転職エージェントは、現時点でおよそ10社くらい。メールで一件一件勧めてくるとこもあれば、とりあえずおすすめするところにはエントリーだけしてしまいますねという強引なところがあれば、面談後ぷっつり連絡がなくなるところがあれば……などなど、方針も対応の仕方もさまざま。

 

と、そんな状況なのですが、最もしっくりきたのが、とりあえずおすすめするところにはエントリーだけしてしまいますね、という転職エージェントのやり方。担当者曰く、エントリーの段階で絞り込んでも、書類選考で通る確率は20%くらい。で、早めに内定を一つ取ることに専念したほうがいい。なぜなら、内定が出ている人は、他社からみれば、やっぱりこの人他社からも評価されている、という印象が残るため、内定が出る確率が高くなり、その後の給与交渉もやりやすくなるから、とのこと。

 

浅はかな判断なのかもしれないですが、確かに、と思ったので、ではこの条件に該当する以外の求人には全部エントリーしておいてください、と面談終了時に依頼。結果、その転職エージェントのマイページ画面には、エントリーされた企業がズラッと並び、知ってる企業もあれば、どこ?みたいな企業が並ぶことになりました。それから1週間後、どうなったかというと。書類選考を思いの外多く通過しており、面接日時もサクサクと決まることに。本稿執筆時点では4社ほど面接が確定。ちなみに、あ、この会社のこのポジションは魅力的だ、と思ったところは全滅していました(笑)。

 

でも、まったくショックを覚えることはなく、まあ、そんなもんでしょ、と思うわけです。おそらく自分だけではないと思うのですが、エリートでもなんでもない自分が選ぶ立場に立てるわけがない、必要とされる場所(会社)で力を尽くすまで、という考えが心の奥底にただよっているんですね。同時に、社風や人間関係や実際の仕事内容が合うかどうかは、転職先の会社に入るまではわからない。ならばエントリー段階で、選り好みをすることに意味があるのだろうか、とも思うわけです(先述の某転職エージェントの担当者からのアドバイスをうけて、改めてそう思ったのもありますが)。それをあきらめというならば、そうかも知れません。しかし身の程をわきまえている身としての生存戦略は、まずは必要としてくれるであろう企業と出会う回数を増やすことが内定獲得を早める唯一の道だ。言い換えるならば、打席に立つ回数を増やすことが大切だ、と思うわけです。

 

さすがに、周囲に成り行きガチャで転職先を決めるよ!決めたよ!なんてことは言うつもりはありませんが、正直な気持ちはそんな感じなんですね。賛否は当然あると思いますが。 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

リーマンが、結婚、出産、マイホーム購入することについて

business.nikkei.co

「やっぱりそんなもんなんだろうな」と思ていたことを再認識させられたニュース。多くのサラリーマンの収入源、それは現職からの給与のみだと言っても過言ではありません。副業解禁のニュースも目立ってきた感がありますが、現職並みからそれ以上に副業から収入を得ている人などはほんの一握りといえるでしょう。

 

独り身ならまだしも、配偶者がいて、子どももいて、さらにマイホームを購入しようものなら、現在の生活を維持するためには現職からの収入を頼りにせざるをえません。そしてその経済的な拠り所が破綻すれば、たちまち悲惨な状況に追い込まれるのは想像にかたくないはずです。

 

今回の、カガクでネガイをカナエル会社、がやってしまったことは、経済的に身動きがとれなくなった社員は、もはや会社に歯向かうことは一切できない、ならば(理不尽な)転勤の指示にも抗うことなく従うだろう、という足元をみた対応でした。ちょっときつめに言い換えるならば、お前とその家族の生殺与奪は、俺たちが握っている、残念な結果にしたくないなら、文句をいわず従え、ということでしょうか。

 

誰が見ても胸くそが悪くなるニュースに違いありません。しかし全国各地で似たような例はたくさんあるのではないでしょうか。現に今回の件をきっかけに、うちの会社でもそんなことあったよ、というようなコメントが多々発信されているようですから。

 

在籍中の会社でしっかり成果を上げ、稼ぎ、家族を持ち、夢のマイホームを手に入れた。通常ならば、今の会社に入ってよかった、この会社のおかげで幸せになれた、と思うはずです。しかし家族を持った、子どもができた、マイホームを持った=身動きができなくなった(弱みを握ったぞ)、よしもっとこき使ってやろう、と会社が判断するならば、それはもはや奴隷制とあまり変わらないのではないでしょうか。

 

社員一人ひとりのやる気を引き出し、(出来る限り)組織を一枚岩にして業績を上げていくのが健全な企業活動ではないでしょうか。人の弱みを握り、そこにつけ込み、奴隷のごとく使い倒し、もしさからえばクビをちらつかせ、場合によっては収入源をたち、社員もその家族も路頭に迷わせる、というのはあまりにひどすぎます。

人財だとか、社員を大切にしているとか、社員の成長をウンタラカンタラとか、美辞麗句を並べる企業は、もしそれと逆のことを社員におこなった途端に信用をなくし炎上対象となるので、言葉のチョイスや使い方は気にするべきかと。くだんの会社は、しばらく、ネガイ、カナエル、は使わないほうが良い、というか使えないでしょう。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

第2版 職場のハラスメント?適正な対応と実務 (労政時報選書)

第2版 職場のハラスメント?適正な対応と実務 (労政時報選書)

 
モラル・ハラスメントの心理構造

モラル・ハラスメントの心理構造

 

 

人の成長とは一体なに?

成長とは一体なんだろう。これはおそらく誰にとっても永久のテーマではないだろうか。

人が成長しようとする理由は、穿った見方かもしれないがひとつしかないと思う。

それは、個人的な満足感、達成感を満たすこと。たとえば、英語力の強化や何かしらの資格の取得など自身の能力を高めたことにより収入アップしたときや、何かしらの功績を残すことにより、多くの人に称賛される立場となったときが代表例と言えるだろう。

英語がある程度喋れるようになった、読めるようになった、書けるようになった、TOEICで高得点をとったというのは自分自身でも測りやすい指標で、自分がどれだけ成長したのかを把握しやすい。

また、自らの知名度や影響力が拡大し、多くの人に慕われる存在となり得たときもそれなりの成長感は覚えることができるだろう。なぜなら、自身のこれまでの努力や実績、思いが(不特定多数の)他人に認められたことを実感できるからだ。

この考えが合ってるのかどうかはわからないが、成長とは、極めて主観的な自己満足がともなう感情のことをいうのではないだろうか。社会のために、人のために、という大義名分があったとしても、あらゆる努力をおこなうその先にあるのは、自身の知名度アップや収入アップというゴールでは無いのだろうか。

他人が満足してくれればそれでいい、喜んでくれればいい、というのは、聞こえは良いが本音としてはウソだろう。自分を誤魔化している虚言に過ぎないと思っている。

たとえば、接客サービス業の人で多くのお客さまを喜ばせようとがんばって、リピーターを増やし、客単価をアップさせたとしても、会社がそれをずっと評価しなかった場合、おそらく、モチベーションはじょじょに低減し、いずれは平均的な対応しかしないと思う。で、転職する。努力やがんばりがわずかでも評価されない環境は、ただただ虚しい。自分の費やす熱量を評価してくれる場所に身を移すのは、合理的な判断なのは明白だ。

今日できなかったことが、明日できるようになったところで、その達成感はすぐに失われていく。それを第三者が称賛することも、めったに無い。真の成長(を実感できるとき)とは、自己満足の追求の先にあると思う。僕は(わたしは)こうなりたい、こうなって人にこう思われたい、そしてもっと豊かな生活を送りたい。第三者の反応をきっかけに、そうなれそうな予感や実感をわずかでも覚えたときが、思い込みだとしても成長できたシグナルだと思う。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

成長マインドセットー心のブレーキの外し方

成長マインドセットー心のブレーキの外し方

 

 

 

東京都内どこもかしこも警察官だらけ。大渋滞でみんなイライラ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

渋滞 [DVD]

渋滞 [DVD]